ピアノ上達 練習方法

ピアノの上達のためにはまず、指を鍛える必要があります。

初心者の人だとひとつの指を動かそうとすると他の指も動いてしまいますが、上手い人になると5本の指を個別に動かすことができます

個別に指を動かすためにもまずはゆっくりと確実に弾くというのを意識しましょう。
ゆっくりと弾くことで、必要な筋肉が鍛えられ、神経も独立させることができるからです。

はじめは難しい曲よりもやさしい曲を選びましょう。

しかし、ずっとゆっくりと弾いているとリズム感がりますから、慣れてきたら速く弾くようにしてください。

また、リズム感を養うためにメトロノームを練習に加えましょう。
ピアノはもちろん、音楽はすべてリズム感が大切だからです。

メトロノームを使ってテンポを確認しながら弾くことで、自然とリズム感が養われます。

ただし、メトロノームを常に使った練習をしていると決まりきった演奏になってしまうので、頼り過ぎるのもいけません。

正確なテンポで演奏するにはメトロノームを使った練習が効果的ですが、あくまでもテンポの確認のために使いましょう。

おすすめはこちら→30日でマスターするピアノ教本&DVDセット


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。